矯正と方法

入れ歯

歯列矯正の見た目を気にする人は少なくありません。誰にも気づかれない矯正には裏側矯正、マウスピース矯正などがあります。裏側矯正は舌側(ぜっそく)矯正、リンガルブランケット矯正とも言います。従来なら歯の表側にワイヤーを装着しますが、裏側矯正は歯の裏側にワイヤーを取り付けて矯正を行います。表面からは全く見えないので矯正中だとばれる心配は不要です。 マウスピース矯正はクリアアライナー矯正、インビザライン矯正とも言われており、透明なプラスチック製のマウスピースを使って行う矯正システムです。透明でしかも薄いので歯に装着しているのがばれず、しかも従来の方法よりも短期間で治療が終わります。

歯列矯正をする場合、複数の矯正歯科クリニックでカウンセリングを受けてみて、納得のいく説明をしてくれた矯正歯科で行うことが大事です。歯列矯正をすれば普通1年〜3年くらい矯正歯科にお世話になることになります。快適な矯正ライフを送れるかどうかは、どんな矯正歯科クリニックで治療を受けるかにかかっていると言っても過言ではないです。 また、矯正中は多少不便でも矯正装置を外さないようにして生活をする必要があります。虫歯を作らないように食後はしっかり歯磨きをすることも大切です。決められた通院日を守って通院して矯正の進行具合をチェックしてもらい、医師の指示に従って生活をしていれば、計画通りに矯正を終わらせることができます。